白髪になるメカニズムを追求してみる

昨今は若い人であっても白髪に悩んでいるという人が多く、たくさんの人が自分の頭髪に問題を抱えている。この白髪のメカニズムについての記述を行う。

白髪になるメカニズムを追求してみる

そもそも髪の毛は白いものであるが、メラニン色素が自然に混ざることで黒い色がついてくる。つまり髪の毛が白いということは、このメラニン色素が不足しているということに他ならない。

そしてこのメラニン色素をを生成する際には、酵素が必要となるがこの成分が足りないとそのまま白い髪の毛のままとなってしまう。したがって、白髪はこの酵素の作用が十分に働かないことで発生するということになる。

白髪は老化現象の一つであり遺伝による場合もあるものの、その他にも様々な要因がある。

まずはストレスによる血行不良である。不安や不信、イライラや恐怖によって頭皮は血行不良の状態となりそれによって自律神経が刺激されることでストレスになる。帽子やピン、ヘアネットなどの物理的な要因がその原因となることもある。

また髪を染めることで頭皮が痛みそれによって白髪になるというケースや、薬の乱用による副作用も要因のひとつとなっている。

以上のことに気を付けることで白髪を予防することができるので、注意を払っておくことが必要である。